読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ETWAS - 婚活事始 -

茨城県民のライフログ。

【メダカ】メモ:劣性遺伝の法則ほか

メダカの配合についてのメモ

 

①用語まとめ

P : 親

Fx : 子供世代 例:F1 (子供) F2(孫)

ホモ: 優性遺伝のみ/劣性遺伝をもつ

ヘテロ: 劣性遺伝と優性遺伝をもつ

 

大文字が優性遺伝、小文字が劣性遺伝とする。

Pが BB , bbの場合

F1は Bbのみ生まれる。このBbは P(BB)と同様の特徴をもつ。P(bb)の特徴が現れない。(優性の法則)

※Bbはヘテロに該当する。BB, bbはホモに該当する。

 

次にBb同士を交配するとF2 BB : Bb : bb = 1 : 2 : 1の割合で産まれる。

このとき F2(BB, Bb)には P(BB)と同様の特徴が現れ、 F2(bb)にのみP(bb)と同様の特徴が現れる。(分離の法則)

 

特徴の優性/劣性はいろいろ実験しないと得られないらしい。

色でいうと黒色と赤色では

黒色が優性B

赤色が劣性b

となるようだ。

これが、色、ヒレの形、体型など複雑に噛み合わさってくるため、実際は目で見て配合イメージに近い親を選別する必要があるようだ。

ちゃんとした品種同士の掛け合わせなら、理論に近い結果が得られているのかもしれない。

 

何事も自分でやってみないとなんとも言えない。

おいおいチャレンジを検討してみますか。