読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ETWAS - 婚活事始 -

茨城県民のライフログ。

【登山】ツクバトリカブト探索記【筑波山】

ツクバトリカブトの本物を見てみたい。

 

そう思いたち、筑波山を登山して探してみることにした。

 

筑波山は女体山(877m)と男体山(871m)からなる。

ガイドマップを読むと、女体山を登る白雲橋コースにツクバトリカブトがよく咲いてると書いてあったので、以下のようにめぐることにした。

 

筑波神社〜白雲橋コース〜女体山〜山頂連絡路〜男体山〜筑波神社

 

登山口

f:id:billy-the-kid:20141019112148j:plain

 

大小の石で整理された道。ひたすら岩道を登っていきます。
歩き始めはすぐ疲れるのだけれど、途中から体が慣れてくるのか、少し軽快になる。

私は結構休み休み進みました。子どもやお年寄りも登っていて、皆タフですね。

f:id:billy-the-kid:20141019113437j:plain

 

途中巨石が結構ありました。

f:id:billy-the-kid:20141019123716j:plain

f:id:billy-the-kid:20141019123806j:plain

 

登山者が結構いました。狭い道だと譲り合いですね。

 

女体山山頂。人多すぎです。私の足では、登山口からここまで約2時間。

f:id:billy-the-kid:20141019131718j:plain

 

ここから山頂連絡路を通って男体山に向かいます。

 

女体山山頂からあまり離れていないところに売店がありました。

f:id:billy-the-kid:20141019132910j:plain

 

トリカブト以外にも山野草いろいろ見れるかなと期待して登山してきたのですが、

ここまで見れたのはアザミぐらいです。

カタクリなり、イワタバコなり、いろいろ見たいんだけど、花自体がほとんど見つけられない有り様。

そして、カタクリの里入れません。

f:id:billy-the-kid:20141019133624j:plain

 

あっというまに男体山のケーブルカーの広場(御幸ヶ原)についてしまった。

f:id:billy-the-kid:20141019133855j:plain

少し休んでから男体山山頂を目指す。あと300m。

 

男体山山頂。

f:id:billy-the-kid:20141103115446j:plain

 

景色いいですね。

f:id:billy-the-kid:20141019141346j:plain

 

結局ここまでアザミぐらいしか撮るものがなかった。
登山コースのわきはよく観察しならが登ってきたはずなんだけどね。

 

残念ながら今回の調査では、

何の成果も得られませんでしたぁぁ!!

 

さて帰ろう。

 

 

しかし、このあと偶然にも見つけました。

 

ツクバトリカブト

f:id:billy-the-kid:20141103115524j:plain

ぐっ、、群生しとる・・・。

f:id:billy-the-kid:20141019141852j:plain

 

コースから少し外れたところで発見。来た甲斐がありました。

 

のちに売店の裏でも発見。

f:id:billy-the-kid:20141019144743j:plain

f:id:billy-the-kid:20141103115559j:plain

今回見たトリカブトは色が濃いのと薄いのがいたけど、同種なのだろうか??

 

落ちてる花びらを触ったら軍手に色が写った。黄緑っぽい色。

おわかりいただけたろうか?

f:id:billy-the-kid:20141019145339j:plain

トリカブトは全身毒。アコチニンというアルカロイド系の猛毒をもつ。

トリカブトの半致死量LD50 0.2mg/kg
70kgの人間なら14mgで50%の確率で死ぬってこと??

どうあれ舐めたらタイヘンなことになりそうだ。

やめとこう(´・ω・`) ダメ、ゼッタイ。

 

パターン1

この軍手で食べ物持つ⇒食べ物にトリカブトの花粉が付着⇒経口摂取⇒死ぬ。

 

パターン2

この軍手で顔を触る⇒軍手の指先が唇に当たる⇒死ぬ。

 

この流れは避けたいので、以後手袋はバッグに閉まうことにした。

 

 

山は危険がいっぱいだ。事故を起こす人は何が「危険」か気づいていなかったりする。

「危険」を見つける能力は本を読んだだけでは習得できない。

 

 

【今回トリカブトを観察して思ったこと】

①肌が露出する格好で毒植物に近づくべきではない。
  もしかしたら皮膚の切り傷から経皮吸収されるかもしれない。

②ハチに気をつけろ。

  ミツバチなどが毒植物から蜜を集めているところに遭遇して

  蜂に刺されると二次中毒を起こす恐れがある。

③できるだけ触ったりしない。

  毒植物に手袋をして触っても、その後その手袋でいろいろ触ると、触ったものにも付着するので、間接的に経口摂取する可能性があるなら脱ぐか捨てるかしたほうが安心。

 

近づいて写真撮り終わったあと、若干手首がチクチク痛みがあったので実はビクビクしてました。

あっ、なんともなかったんですけどね。

 

 

あと筑波山は保護地区なので植物をかってに採種してはいけません。あしからず。