ETWAS - 婚活事始 -

茨城県民のライフログ。

今年も猟期が近づいてますね!私は関係ないけどね!

ただし、今年はやりません笑

本日師匠に宣言してきました。

話し聞いたらイノシシ40匹弱取ってたwww

 

 

早いもので猟銃許可を取ってから

早一年経ちました。

 

ここ一年仕事が思うように行かず、初めのころのやる気とは裏腹に

射撃場に行く気力も沸かなくなってしまってました。

なかなか定期的に射撃場行くのは難しいってことがここ一年で分かってきました。

 

 

ついでなので

下記にサラリーマンが猟銃ライフを実際にするときのハードルを書いておきますね。

 

①猟銃の保管場所

家に置いておくと妻子に嫌がられる。

銃砲店に保管依頼をすると保管料を取られる。

私のところは年間12000円。安い方??

 

クレー射撃場に行くのがめんどくさい

わざわざ遠出しなければならないので時間がかかる。

前もって個人が使える日か確認しなければならない。

(団体が貸しきっていることがあるため。土日は多い)

 

③射撃場に一年を通して通うのが辛い

夏は暑いし、冬は寒い。

雨の日、雨降りそうな日、雪の日は無理だし、炎天下はもってのほか。

そんななか山の中に鉄の筒を撃ちに行くわけだ。

 

④罠猟はサラリーマンにはハードルが高い。

毎日あるいは一日置きくらいに罠をチェックしに山に入る。

いったい何時に起きればいいのか。。

 

⑤弾代・・・

一発40円〜

1万円は覚悟だね。

 

⑥平日に警察署

書類提出は警察署に平日行かねばならぬ。

半休は必死だ。

 

⑦ケモノの調理

普段料理しないオッサンがケモノ捌けるはずないやろ・・・

 

⑧近視、乱視

あれっ、クレーが残像拳してる・・・(・ω・)

 

何事も始めるより続けることのほうが難しいですよね。

だけど、始めてみないと見えてこないハードルも多いです。

何事も経験です。

本日4/23はじめての銃検(銃砲一斉検査)やってきました。

11:30書類書き終わったので、警察署に行ってきました。

 

この銃検いろいろと免許剥奪トラップが仕掛けられている、ともっぱらの噂あり。

 

銃許可証をちゃんと持ったかチェックして、

警察署に出向きました。(許可証忘れのトラップ)

 

警察署3Fが検査場になっていました。

まず弾が入ってないか銃を組み立てて確認して下さいとのこと。

次に検査員のひとに銃を渡す。(ひとに銃口向けないこと!)

 

違法改造されてないか点検。

OKだった模様。なんもいじってないしね。

 

次に書類の確認。

残弾いくつある ⇒ ゼロです。

最近使用したのはいつですか ⇒ 昨日です!

その前は? ⇒ 11月です。

一年に何回使用しますか?12回ぐらい ⇒ Yes! (無難に合わせとこ!)

どのくらいの頻度で使用してますか? ⇒ 半年で4回ぐらい

 

私「射撃場の領収書とってありまぁす!弾の購入/消費記録簿もとってありまぁす!」

 

検査員「OKです。以後も気をつけて扱って下さい。」

 

全部で15分かからないくらいの検査でした。無事終わってよかった。

 

 

聞いたところによると、今年の銃検にて既に静岡で事故が発生した模様。

銃確認中、弾が入っていて暴発したらしい。

猟に行って弾入れたまま抜くの忘れて保管してたっぽい。

 

ベテランさんがやらかすらしい。気の緩みかな。みなさん気をつけよう!

 

 

[追記]

これか・・・ダメ、ゼッタイ。

mainichi.jp

 

銃検(銃砲一斉検査)の前日です。

なんだかんだ言って休日出勤が4ヶ月間頻繁にあり、

クレーの練習する気がわかなくて

冬の間散弾銃ほったらかしにしてしまっていた。

 

しかし、明日は所持してから初めての銃検(警察に出向き、銃と銃使用状況の管理簿を見せる年一回の行事)である。

自宅保管は極力しないと警察と約束しておきながら弾が70発も自宅保管しっぱなしにしていたのが気にかかる。

今日は冬の間放置していた残弾を片付けるため

射撃場で3ラウンド撃ってきた。

 

頻繁に練習しないとダメです。まったく当たりません。

 

 

あと登録料払っておきながらまったくしなかった罠の狩猟登録証を返納してきた。

わな猟は会社勤めの私には無理でした。

 

 

なんでもそうだけど、

しばらくしなくなるとやる気が失せるけど

また何かのきっかけでやる機会があるとまたしたくなるから不思議。

 

パフィオペディラム花を切る

年末にホームセンターで買ったパフィオペディラム

 

洋蘭栽培の本を買って勉強したところ、

パフィオは長く咲く洋蘭だが、次年も花を咲かせたい場合は

1ヶ月程度開花を楽しんだら、根本から切ってしまうとよいと書いてあった。

 

惜しみながらも本日切断しました。

f:id:billy-the-kid:20150303002340j:plain

 

ばっさり。

f:id:billy-the-kid:20150303002520j:plain

 

もったいないのでビンに花を挿してみた。

 

f:id:billy-the-kid:20150303002915j:plain

ビミョーだった。。。

 

生まれて初めて花瓶が欲しくなりました。

【元旦】新年早々なんか浮いてる!!という話【日立港】

明けましておめでとうございます。(今ごろ!??)

 

元旦に近くの漁港で海を見てきました。

正月は天候に恵まれてましたね。

f:id:billy-the-kid:20150102151118j:plain

 

正月休みなのか、漁港にはたくさん船が並んでおり、

船を横に見ながら堤防を歩いていました。

 

すると、

 

『!?』

 

f:id:billy-the-kid:20150102153231j:plain

 

f:id:billy-the-kid:20150102153238j:plain

 

なんだこれは、、

2mはいかない大きさだと思います。

もう死んでいますね。

 

イルカ?クジラ?

 

うーん。

漁港に流れ着いたのでしょうか。。

 

 

元旦早々奇妙な光景に出くわした、というお話でした。

【カメ五郎】Fielder vol.19【DVD】

Fielder次号カメ五郎DVD付き!!

f:id:billy-the-kid:20141103095257j:plain
2泊3日 自給自足野営マニュアル

【登山】ツクバトリカブト探索記【筑波山】

ツクバトリカブトの本物を見てみたい。

 

そう思いたち、筑波山を登山して探してみることにした。

 

筑波山は女体山(877m)と男体山(871m)からなる。

ガイドマップを読むと、女体山を登る白雲橋コースにツクバトリカブトがよく咲いてると書いてあったので、以下のようにめぐることにした。

 

筑波神社〜白雲橋コース〜女体山〜山頂連絡路〜男体山〜筑波神社

 

登山口

f:id:billy-the-kid:20141019112148j:plain

 

大小の石で整理された道。ひたすら岩道を登っていきます。
歩き始めはすぐ疲れるのだけれど、途中から体が慣れてくるのか、少し軽快になる。

私は結構休み休み進みました。子どもやお年寄りも登っていて、皆タフですね。

f:id:billy-the-kid:20141019113437j:plain

 

途中巨石が結構ありました。

f:id:billy-the-kid:20141019123716j:plain

f:id:billy-the-kid:20141019123806j:plain

 

登山者が結構いました。狭い道だと譲り合いですね。

 

女体山山頂。人多すぎです。私の足では、登山口からここまで約2時間。

f:id:billy-the-kid:20141019131718j:plain

 

ここから山頂連絡路を通って男体山に向かいます。

 

女体山山頂からあまり離れていないところに売店がありました。

f:id:billy-the-kid:20141019132910j:plain

 

トリカブト以外にも山野草いろいろ見れるかなと期待して登山してきたのですが、

ここまで見れたのはアザミぐらいです。

カタクリなり、イワタバコなり、いろいろ見たいんだけど、花自体がほとんど見つけられない有り様。

そして、カタクリの里入れません。

f:id:billy-the-kid:20141019133624j:plain

 

あっというまに男体山のケーブルカーの広場(御幸ヶ原)についてしまった。

f:id:billy-the-kid:20141019133855j:plain

少し休んでから男体山山頂を目指す。あと300m。

 

男体山山頂。

f:id:billy-the-kid:20141103115446j:plain

 

景色いいですね。

f:id:billy-the-kid:20141019141346j:plain

 

結局ここまでアザミぐらいしか撮るものがなかった。
登山コースのわきはよく観察しならが登ってきたはずなんだけどね。

 

残念ながら今回の調査では、

何の成果も得られませんでしたぁぁ!!

 

さて帰ろう。

 

 

しかし、このあと偶然にも見つけました。

 

ツクバトリカブト

f:id:billy-the-kid:20141103115524j:plain

ぐっ、、群生しとる・・・。

f:id:billy-the-kid:20141019141852j:plain

 

コースから少し外れたところで発見。来た甲斐がありました。

 

のちに売店の裏でも発見。

f:id:billy-the-kid:20141019144743j:plain

f:id:billy-the-kid:20141103115559j:plain

今回見たトリカブトは色が濃いのと薄いのがいたけど、同種なのだろうか??

 

落ちてる花びらを触ったら軍手に色が写った。黄緑っぽい色。

おわかりいただけたろうか?

f:id:billy-the-kid:20141019145339j:plain

トリカブトは全身毒。アコチニンというアルカロイド系の猛毒をもつ。

トリカブトの半致死量LD50 0.2mg/kg
70kgの人間なら14mgで50%の確率で死ぬってこと??

どうあれ舐めたらタイヘンなことになりそうだ。

やめとこう(´・ω・`) ダメ、ゼッタイ。

 

パターン1

この軍手で食べ物持つ⇒食べ物にトリカブトの花粉が付着⇒経口摂取⇒死ぬ。

 

パターン2

この軍手で顔を触る⇒軍手の指先が唇に当たる⇒死ぬ。

 

この流れは避けたいので、以後手袋はバッグに閉まうことにした。

 

 

山は危険がいっぱいだ。事故を起こす人は何が「危険」か気づいていなかったりする。

「危険」を見つける能力は本を読んだだけでは習得できない。

 

 

【今回トリカブトを観察して思ったこと】

①肌が露出する格好で毒植物に近づくべきではない。
  もしかしたら皮膚の切り傷から経皮吸収されるかもしれない。

②ハチに気をつけろ。

  ミツバチなどが毒植物から蜜を集めているところに遭遇して

  蜂に刺されると二次中毒を起こす恐れがある。

③できるだけ触ったりしない。

  毒植物に手袋をして触っても、その後その手袋でいろいろ触ると、触ったものにも付着するので、間接的に経口摂取する可能性があるなら脱ぐか捨てるかしたほうが安心。

 

近づいて写真撮り終わったあと、若干手首がチクチク痛みがあったので実はビクビクしてました。

あっ、なんともなかったんですけどね。

 

 

あと筑波山は保護地区なので植物をかってに採種してはいけません。あしからず。